ads
FC2ブログ

07/26 移動

ウトロ道の駅
ゆっくり目の出発です
知床横断道路を通って羅臼へ抜けて
スポンサーサイト

07/25 念願だった羅臼岳(10座目)

もう45年も前だろうか
北海道をほっつき歩いていたが
流石に知床に足を踏み入れることはできなかった

いつか来れることがあったら羅臼岳は押さえたいと思ってました
ここに来るまで低山でトレーニングのつもりだったけどけっこう膝にきてます
早めに出てゆっくり登りますよ



暗いうちから何台も上がっていきました
4:30Pにあがりますがすでに満杯です
わずかの隙間にスリスリしました
慌てて上がって来たんで朝飯食って準備します
だいたいこんな感じですP_20180722_062305_vHDR_Auto_2018100615125636d.jpg


6時木下小屋出発
6:45与三吉水で一息IMG_0698.jpg



07/24 ウトロ/地の涯まで(知床はヒグマの密集地です)

いい天気です
昨日と入れ替わっててくれてれば良かったのにね

9時ゆっくり目の出発です
きのうのお姉さんとの約束なんで
さくらの滝へ向かいます
案内もあるから迷うことは無いですね
大きなバスもやってきてました

サクラマスの遡上する滝なんですね
こんな感じです vs181006-004.jpg
ひたすら飛び上がるけなげな姿に感動すら覚えます
わたしもがんばらねば
少し力をもらったような気がしました

斜里に向かって移動しますvs181006-003.jpg

誰も寄り付かない海辺の原生園でゆっくりIMG_0687_20181006131847d8e.jpg
IMG_0688.jpg

知床へ向かいます
道中こんな滝がありました
オシンコシンの滝
観光地ってひとがいっぱい
P_20180724_144555_BF.jpg

どんどん進みますIMG_0693.jpg

あの高いのが
羅臼岳かなIMG_0694.jpg

知床ビジターセンターでヒグマ情報を聞いたりしつつ
岩尾別温泉ホテル地の涯/羅臼岳登山口へ向かいます

Pの手前で
せんだって一緒だった仙人さnの車が
上は登山客のスペースがあまりないらしい
車中泊はここもご遠慮くださいということで下の路肩で仮眠することに

07/23 斜里岳(9座目)初ヒグマまであと2日

4時起床
あめ
食事をして5時すぎPへ




あめでどうしようか迷ってました
ここは百名山になるんですね
ピークハンター達はここまで来てやめるわけも行かずといったとこで
行くようです
せっかくなんで行くことにしました6時出発
すぐに同泊だったひと(仙人さん)としばらくご一緒
あめで水量が心配だから新道(尾根コース)を行くと言ってましたが
私は旧道沢コースを登りますと言ったら
じゃあそうしようということで道連れです

でも体力の低下とこのところの疲れや膝痛とかもあって足取りも重く先に行ってもらいました
上二股で
上にかかったしめ縄を立ち入り禁止と勘違いして
新道を行くも下りになっておかしいと
ここは地図持ってませんでした
予習も不十分でしたね
行ったり来たり結構ロスタイムしました

再び沢に入り
その後急坂のザレバを登って馬の背に出ると風がはんぱない

最後のがれ場を登り切ったらようやく山頂です
晴れてたら見晴らしいいんだろうなぁ~P_20180723_100327_BF.jpg

山頂でしばらく様子を見てましたが
これが精一杯 P_20180723_102048_vHDR_Auto.jpg

下山すると少しガスも飛んで行ってました
祠の上が山頂ですP_20180723_103045_vHDR_Auto.jpg


P_20180723_103241_vHDR_Auto.jpg


P_20180723_103040_vHDR_Auto.jpg



下山にかかって
髭じじーさnと再会
下山してゆっくりしてたら早くも降りてきましたよ
健脚です

道の駅で温泉に
vs181006-002.jpg
振り返ると
これですよIMG_0680.jpg
釧路から来たというギャルと少し山の話をしてたら
近くにさくらの滝があるからぜひ!ということで
明日は移動日だから
あさいちに行ってみることにしました


㊟ 雨で写真はありません
 
 

07/22 藻琴山(8座目)

5:30起床
雨のため出発をためらう



そのうち釧路からという
4人組のぎゃるが登ります?って聞いてきたので
せっかくなんで登ることに
8:45分出発

9:45山頂
当然景色はありません
晴れてたら屈斜路湖が最高なんだろうなぁ~ P_20180722_095111_BF.jpg

30分程待ってましたが
景色も望めそうにないので下山します

P_20180722_111248_vHDR_Auto.jpg

このころには雨も上がりました
少し青空ものぞいていました P_20180722_111529_vHDR_Auto.jpg


道中中島も見えたから
良しとしましょう  IMG_0674.jpg

次移動します
         vs181006-001.jpg

道の駅さっつる 
斜里岳おひざ元です
温泉につかります   IMG_0675.jpg

キャンピングカーがいっぱい IMG_0677.jpg

負けじと我が家もIMG_0678.jpg

山は雲の中ですIMG_0676.jpg

ここで車中泊

思ってましたが
あんまり多いのでいつものように登山口まで移動です

清岳荘の駐車場は車中泊ご遠慮でしたので少し下のはらっぱでの車中泊としました
少しして一台お仲間が

07/21 摩周岳

19日は雄阿寒岳下山後
道の駅摩周湖温泉まで移動


P_20180720_091936_vHDR_Auto.jpg



本日の車中泊地とする
vs181005-002.jpg


20日天気がすぐれず
この日も一日のんびりの滞在となった

足湯もあります     P_20180720_172656_vHDR_Auto.jpg


よく21日
摩周湖へ向かう
摩周湖第一展望台℗ ¥500 より摩周岳ハイキング  7座目

IMG_0645.jpg


IMG_0650.jpg


IMG_0664.jpg







下山後
藻琴山Pへ向かう
vs181005-003.jpg

本日のキャンプ地

それから
生ヒグマ目撃まであと4日

07/19 雄阿寒岳

雌阿寒登山のあと
雌阿寒温泉につかり
阿寒湖方面に移動して
雄阿寒岳の登山口を確認して近くのⓅで車中泊になります  6座目

vs181005-001.jpg


滝口登山口に移動して登山開始です

感想
見晴らしの無い林の中をただひたすら黙々と
しんどい山だった

IMG_0634.jpg


IMG_0637.jpg


IMG_0632_20181005205126121.jpg

動画desu

07/18 雌阿寒岳と阿寒富士

17日は忠類キャンプ場から
移動日
阿寒湖方面へ

野中温泉登山口の駐車場で車中泊になります
数台とまってました

IMG_0586_20181005183512085.jpg


IMG_0596.jpg


IMG_0597_20181005183515dd1.jpg


IMG_0603_20181005183515cc2.jpg

18日4時30分起床
準備をして6:10出発



07/16 Enjoy号で行く北海道の山旅/アポイ岳

前日はどっかの広っぱに止めて
車中泊でした


早めに起きて
登山口駐車場に移動
アポイジオパークセンターの下に登山者用の駐車場がありました
綺麗なトイレも完備されてます

とりあえず簡単な朝飯をほおりこんで
ゆっくり準備して出発です
その間にも登山者がやってきます
人気の山なんですね

王子製紙の山みたいです
きれいに整備されてました

山道に入ってすぐの沢で靴底をブラッシングして入山します
2~3時間の山だけどまだまだしんどいわ
下山はやっぱり膝に来る

上に就いたときは誰もいなかったけど
しばらくくつろいでたら
けっこう登ってこられました

とりあえずそこで次の山を決めるべく皆さんから情報を集めました
行かなかったのもあるけど
以後の山を決めれました

後でわかったのですが
山頂でお会いした中に広島からの人がいらっしゃいました
髭じじーさnの記事
以前冬の牛の背でニアミスだったことがありました

幌尻がラスト100座目だという方も...いろいろです



下山後はどうしようかと思ったけど
襟裳岬立ち寄り  

 IMG_0576_20180917154316d6d.jpg



IMG_0577.jpg

ぶらぶらと北上し
虫類のキャンプ場で本日は打ち止め

私は面識がなかったのでわかりませんでしたが
ここでも
髭じじーさnと再会
軽トラハウスでひょっとしてと思ったらしい
ブログを見て確信したようだ

ここでお声をかけていただきました

数日後斜里岳で再開

09/15 B6ミニ焚火台

焚火台の製作依頼は
手間暇かかるんで6がついっぱいで中止してましたが
火床はいらん
アルストで使うから小さいのが欲しい


あんまりしつこいので
試作してみました

注文のサイズより10㍉ほどおおきくなった
曲げでどれほど違ってくるか
曲げ方とか曲げる位置で寸法が微妙に違ってくるので支持サイズに合わすのはむつかしい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。