ads

9/5更新 北ア常念岳~燕岳で山キャン8/3^5其の③

  • Day:2013.09.05 17:36
  • Cat:北ア
今朝はまず燕岳にむかいます

5時出発 どんよりしてます


s100_3095.jpgs100_3096.jpg

1Kmらしいです

すぐにイルカさん 
誰か彫ったんじゃないの
誰が見てもイルカだわwws100_3099.jpg

ここが海だった頃の化石じゃなくって??

幻想的?っちゃ そうなんですけど
ここは くっきりの方がきれいよ
        s100_3100.jpg

これももっといい条件で見たかったなぁ~...orz
s100_3104.jpg
みごとな群生に ためいき・・

これなんか
穴あいてるからってだけじゃn
どこがメガネじゃs100_3111.jpg

って
ぶつぶつ言ってるうちに

山頂だって
  s100_3118.jpgs100_3120.jpg

なんかい見ても 
いいねs100_3125.jpg

この花はアルプスがお似合いだよ

またいい天気にあいたいもんだよ

山頂をやりすごし少しくだって

ここから山荘へ
s100_3127.jpg

s100_3129.jpgs100_3130.jpg

この間を下りると 分岐の標識がありました
s100_3131.jpgs100_3132.jpg

これでもかってくらい
幽玄な世界に
まよいこんだような
  s100_3134.jpg

6時
感傷にひたるまもなく
テン場にもどり ブレックファストし撤収です
     s100_3156.jpg

7時24分下山

いっとき日が射して誰かに後光がおりたみたい
これであたいに下りた厄はそっちに乗り移ったか

厄もとれたんでいそいでおりんといかんな
s100_3159.jpg
雲行きもあやしくなってます

しばらくするとポツポツきだしました
二人はカッパを着ますが

あたいは
これから林の中なんで
ビニール袋でしのぎます
8:08三角点
を過ぎると
合戦小屋もちかい

8:21合戦小屋
合戦小屋といやスイカなんだけど  一切れ800円

高いから買わんかったら
三等分したのを
むらくもさんが一切れ分けてくれましたs100_3177.jpg
ほどよい甘さがちょうどいい

おいしかったのはいうまでもありません

しかし
ここは って このコース
やたら人が多い
はんぱじゃないね

下りも登りも団体さんにつかまた日にやあーどんだけ時間かかるもんだか
おとなしくしてたら
たまったもんじゃないから
すきを狙ってとっととくだっていきます

しかしこの登りけっこうきつそう
足元岩場じゃないからまだましでしょうけど

下は降ってたんかな?
10時20分
3時間に足らずで何とか下山

坊主さんの手配したタクシーが来るまでじかんもあるんで
ゆっくりします

そしたらなんだか賑やかしいなとおもったら
TVの録画取り
ですよs100_3179.jpg
テレ朝土曜朝6時放送だそうです

おねえさん
びじんでした

この分は8/31でしたけど



その後
タクシーで車を拾い

蝶ヶ岳温泉ほりでーゆでまったり3っ日間の垢を落し
いちもくさんで四国にかえりました

我が家に帰ったら日にちが変わる前でした


むらくも 坊主 両氏にはおせわになりました

おつかれ!







にほんブログ村 
スポンサーサイト

9/04更新 北ア常念岳~燕岳で山キャン8/3^5 其の②

  • Day:2013.09.04 15:21
  • Cat:北ア
あ~
9月に入ってしまった

放置状態がつづいてます

雨で

撃沈ですんで

この分だけでも済ましとこ




二日目のあさ

早出組は3時頃からガサゴソやってます



本日は5時おき予定なんでゆっくり起床です

まずは

朝食

もちラーメンs100_2897.jpg



空は雲でおおわれ

日の出はありません

撤収を済ませ6時に出発

s100_2907.jpg s100_2909.jpg


s100_2911.jpg

こんな天気で

めりはりがありません

s100_2912.jpg


s100_2917.jpg

コマクサにあえたから良しとしましょう

常念ともおわかれです


これから向かう先
左手前方
はるかむこうですs100_2919.jpg

東大天井^大天井岳がみえるこのあたり

正面の

ツキノワグマの雪渓でs100_2936.jpg


まさにそのツキノワグマが横断しておりました


自然界でみるのは初めてのことで

ギョギョ(@@;)ああ居るんだって

     変な感動でした

東大天井の肩手前までくるとs100_2947.jpg


あまり広くはないけど

お花畑がひろがってますs100_2948.jpg

肩まででると

どうも雲行きがあやしい

早めにカッパを装着

しとしと雨の中10時大天井ヒュッテにたどり着く

外のテーブルで軽くパンを食し


大天井岳をピストンs100_2966.jpg
見晴らしはないから
とっととくだります

ヒュッテに戻ると

高校生山岳部がs100_2976.jpg
がやってました

君たちちょっと (><)! うるさくね

急な下りを

表銀座通りまで下りると
展望がでましたs100_3007.jpg
まだまだ
先やん

この先が
切通岩 s100_3015.jpg
ふりかえると
     s100_3020.jpg
ええかんじ

黄○が
喜作レリーフs100_3018.jpg
これですね

天気も持ち直したとこで
軽くランチタイムs100_3042.jpg
今日は燕山荘までなんで
十分時間もあります

このあたり
偽右衛門吊岩
でしょうかs100_3036.jpg
石が
燕っぽくなってきてます

大下りの頭までくると
もう一息ですねs100_3059.jpg

蛙岩あたりにくると
もうすっかり

ツバクロですねs100_3067.jpg

正面に
燕山荘が
確認できますs100_3070.jpg

ふりかえると
大天井岳も
遠くになりましたs100_3071.jpg

15時30分山荘着
s100_3091.jpg

さきに
テント設営をすませると
こうなるわけよs100_3085.jpg

いっとき
降られましたが

何とか持ち直してやれやれ


いっぱい人がいるのに

なんであたいに
後光が射すんじゃs100_3087.jpg
わけわからんww

テントに戻り
夕食ですs100_3092.jpg

その後は

焼酎を晩酌し

パラツク雨音を子守唄に

ねむりにつきました




にほんブログ村

8/28更新 北ア常念岳~燕岳で山キャン8/3^5 其の①

  • Day:2013.08.27 19:48
  • Cat:北ア
先日のあめで

とつぜん涼しくなりました



異常な雨量で被害もでております
異常気象ですね

この週末台風の直撃をうけそうです

さらなる被害もでそうです


もう

どこがどうなるかわからん状態ですね



どうにかならんうちに

あげてないのを
UPしとかんとあかんね


記憶も薄れてきております

今回

感動はえられませんでした

このコース


蝶ヶ岳方面から槍ヶ岳

燕岳から槍ヶ岳


あるきました


今回回帰できるかとおもってましたが

ほとんど思い出すこともできませんでした

道中まったく

槍ヶ岳をみることもなく


ただひたすら歩いただけであります


高山直物も

やっぱりいい景色とからめて楽しみたいものを


ざんねんでした

0803~5常念燕

参加:むらくも 坊主 各氏と つーちゃnの計3名

8/2日夕方よりの出発で早朝SAで朝食買い出しをすませ
8/3日一ノ沢林道は駐車場のあきがなく路肩に停車し登山口まであるきです
   バスの団体とかもあって
   けっこうな人出です

   s100_2773.jpg

ここから

小屋テン泊地まで5.2Kms100_2776.jpg

1時間ほどで
大滝
ベンチあった?s100_2784.jpg
わすれちゃったww

烏帽子沢出合

でよかった?
一息いれますs100_2785.jpg

出発すると

Familyですが
こんな小さい子も
のぼってます  s100_2786.jpg
おじさんたちも

まけてられませんね


笠原沢出合?
をすぎ   s100_2791.jpg

いよいよ
胸突八丁ですよs100_2801.jpg
小屋まで
1.4Kmとなりましたが

ガスってます

朝から


目がしょぼしょぼしてたのですが
こめかみあたりが

いたくなってきました

高山病かな?

若くはないっすね 疲れてますよ

最終水場
を過ぎ s100_2813.jpg

第一ベンチをすぎると

青空がwws100_2818.jpg

第二ベンチ 第三ベンチで

やっぱり
休みますs100_2821.jpg
ゆっくりでも

歩を進めれば

もうすぐ小屋ですよs100_2825.jpg

昼前
ほぼ5時間ほどかかって

到着です

感動はなかったと
いいましたが

この景色を見ればうれしくない訳はありません

s100_2827.jpg

とりあえず

先に
テン場を確保

して    s100_2831.jpg
常念岳へ

むかいますDSCF8026.jpg


道中
下山の小学生
ショルダーの無線機をみてs100_2840.jpg


それ何?
かっこいいねって

これはねトランシーバー
上に登ったら
誰か聞いてませんかって
呼んでみるのよ

って

いったものの
ラジオ聞いてるうちに電池きれちゃった⤵
満充電出来てなかったみたい

CQ出せんやん

ここで
雷鳥はなちゃns100_2842.jpg
勝手に命名
登場

ハイ
行くよって呼ぶと

いっしょについてくるんです
勝手にそうおもってるだけなんですけどね

ガスが引くと
居なくなりましたs100_2848.jpg

とぼとぼと登って
多分標準タイムより20分以上は
オーバーでしょうか

山頂ですs100_2872.jpg
坊主おじさんから

おみき
一口いただきましたが

よっぱらいちゃいましたよ

景色はこんなもんです

s100_2882.jpgs100_2887.jpg

これ以上はありませんでした

下山にかかります
      DSCF8031.jpg

小屋泊りも多いみたいです
結構くだってます

お~
テントも増えてますs100_2893_201308282056347fe.jpg

テン場です
正面に槍なんですが
一時顔を出しただけでした 
      DSCF8046.jpg

本日初日の行程はおわり

目がチカチカして
若干頭もいたいので

きょうは
生はやめました



にほんブログ村

8/06 北アで山キャン

  • Day:2013.08.06 12:00
  • Cat:北ア
山キャン

から

かえってきましたよ

s100_2893.jpg

むこうの

テン場に陣取りました


標高2466m

標高2000mをこえると


涼しくて



いいやな


ここは

北ア
常念乗越

です





にほんブログ村

9/21~23 鹿島槍ヶ岳2

  • Day:2012.10.05 22:46
  • Cat:北ア
翌朝は
まずまずの天気です
けっこう
ぐっすりお休みで
けっして早くない起床です

かるく朝食を頂いて

5:45分ころ一足先にゆっくり爺ヶ岳をめざします
もうこの時間ご来光はむりですね
30分ばかり登った中腹あたりで
ふり返ると

かげ爺ですよ
DSCF0971.jpg
アー
まにあわなんだ
当然ですがね

山頂近くなりました
剱 立山もよくみえてます
DSCF0978.jpg

6:37分
爺ヶ岳南峰 2660mDSCF0986.jpg

むこうに見える鹿島槍
けっこうな距離ですよ たぶん 
DSCF0993.jpg

とおく
槍ヶ岳もみえてます
DSCF0983.jpg

なにかわかりません

紅葉がきれいだったんで
DSCF0998.jpg

6:55分
Center Summit of Mt.Jiigatake 2669m
爺ヶ岳 中央峰 ってか
DSCF1006.jpg

ふりかえれば
南峰には
ありさんがいっぱい
DSCF1002.jpg

あそこを めざせ
隊長の指示ですDSCF1008.jpg

オレンジ屋根の
種池山荘も
ちっこくなりました
DSCF1009.jpg

冷池山荘がちかくなり
とうぜん
鹿島槍もでんと構える
このあたりからの景色も好きなのですが
あいにく
長野側からガスってきました
DSCF1029.jpg

7:49分
冷乗越DSCF1034.jpg

7:59~8:10分
冷池山荘にてしばし休息
8:25分見晴らしのいいテン場
です
DSCF1038.jpg

目の前に布引山です
DSCF1048.jpg

9:10分布引山2683m
15分ばかしお休みDSCF1050.jpg

もう一息で鹿島槍です
道中には咲き残りの.....DSCF1054.jpg
 
10:00鹿島槍ヶ岳南峰2889m
   DSCF1064.jpg

長野側からのガスで
五竜もあいにくです
DSCF1066.jpgDSCF1065-1.jpg

かるく口に入れて
佐々連さんとふたり
10:40分 北峰へ向かいます
たちまち足元が悪いですDSCF1070.jpg

キレット分岐
を過ぎるとわずかですDSCF1081.jpg

11:10分 北峰2842m
残念ですが
展望はありませんDSCF1085.jpg
しばらく展望を待ちましたが
いっこうに引く気配もなく
南峰に引き返します

12:00名残惜しいですが
種池テン場にひきかえします

道中もガスってきてます
      DSCF1090.jpg

イワカガミですよね
草紅葉がきれいでした
   DSCF1091.jpg
 
けっこうへばってきたます
     DSC03884.jpg

道中ライチョウ見ましたよって
さっきそこにもって言うんだけど
ハイマツに潜り込んだら
わからんわい

でも
山荘近くまで戻ったとこで
出くわしましたDSCF1094.jpg
ガスってくると出てくるんですね
天敵に狙われにくいから
雨の日なんかあちこちで見かけるもんね

山荘に着く頃にはすっかり景色もなくなりました
   DSCF1099.jpg
 
15:00種池山荘 着
さむいけど
やっぱりとりあえず
おつかれさんの乾杯DSCF1105.jpg

テン場にもどり
ソロの人もまきこんで
かるく宴会

翌朝
夜半からぱらつきだした雨が
やむことはなく

雨の中のテント撤収となりました

7:50分
山荘をあとに下山  DSC03915.jpg

雨の中登ってくる人も多く
2時間ほどかかって
10:50分駐車場無事下山

薬師の湯に浸かり帰途に着きました

みなさまお疲れ様でした
おさそいありがとうございました

0922鹿島槍ヶ岳

0921種池山荘




にほんブログ村


にほんブログ村