ads

07/27 双六岳から三俣蓮華岳鷲羽岳をあるく ②

  • Day:2012.08.01 12:06
  • Cat:北ア
日の出前
テン場の目覚めですDSCF0648.jpg
一時的には爆睡もしてたでしょうね
よく寝てました
がさがさとまわりの音にめがさめます
時計を見れば3時50分

日の出前 4時ですDSCF0644.jpg

はやくもランプをつけて
登っていますねDSCF0646.jpg

4時半日の出
何分か過ぎてますが
        DSCF0716.jpg
山小屋も陽光をあびてますDSCF0729.jpg

本日の予定ですが
疲労具合も考慮して相談の結果
テントは張ったままで出来たら鷲羽岳をピストンしよう
ということにしました
てっちゃん昨日はよっぽど引き返したかったそうです
よくがんばりました
ソロじゃないですからね同行者には合わないといけません

6時45分ぼちぼち移動します
双六小屋とテン場です
DSCF0730.jpg

双六岳分岐
MG_0254.jpgMG_0256.jpg

はなが景色に色を添えます
MG_0257.jpg

高度があがって再び槍もみえだしてます
 MG_0259.jpg
この高さになると
シャクナゲも地低いです
DSCF0742.jpg
稜線にふじちゃくですよ
           MG_0287.jpg

槍から大切戸穂高の稜線が一望です
 DSCF0752.jpg

こんなとこをのぼって  8時15分双六岳さんちょうです 
DSCF0754.jpg DSCF0756.jpg

360°のけしき
もちろん絶景ですよ
  DSCF0751.jpg

DSCF0758.jpg
8時27分三俣蓮華へむかいます
          MG_0311.jpg

ふりかえると
双六岳からの稜線です
DSCF0761.jpg


今日はこっちのルートで再会するはずとおもってたが
ここで 先日の美人の山ガールとばったり
また再会できるといいねMG_0326.jpg
このきゃしゃな体でテン泊装備ですよ
たいしたもんです 負けてますが 
おじさんもがんばらねば

四国では見られない花ですね
アオノツガザクラ   タカネヤハズハハコ    だと思います
MG_0339.jpg MG_0340.jpg

9時39分三俣蓮華岳です
中道経由で2時間55分 標準2時間45分らしいんでややゆっくりめです

DSCF0778.jpgMG_0349.jpg にぎわってます
とくに急いでもいないんで20分ほどまったりしました
巻道コースと合流して少し下ると
三俣山荘がみえてきました
鷲羽岳も大きくなりましたMG_0360.jpg
三俣山荘テン場です
今度はここにテント張りたいなあ
  MG_0363.jpg
計画しよっ
10時44分山荘です
てっちゃんは腹具合が悪いといって早めに来ましたが
ここのトイレは簡易水洗できれいだったそうです
予定通り鷲羽岳行けそうなんでここで早めの昼食にします
茄子のなんたら丼をこしらえたら茄子はいらんってめんどなやつです
テーブル同席の年金安気組の3人は先の小屋で一緒になってここまで一緒したそうです
一人は双六から槍上高地に下りるそうです
あと2人は黒部五郎から折立に下りるそうですが
その1人はちょっと鷲羽に行ってくると言って行きましたよ
もう1人はぼちぼち五郎に向かうと言って別れました
安気組げんきですMG_0368.jpg
鷲羽岳道中振り返ります
山荘も小さくなりました
三俣蓮華と双六岳ですDSCF0791.jpg

山頂はもうすこしですDSCF0792.jpg
鷲羽池です
右上槍に続く左手屈指の北鎌尾根
右手側双六からの西鎌尾根
手前の赤茶けた硫黄尾根
一望ですDSCF0799.jpg
12時55分鷲羽岳山頂MG_0394.jpg

てっちゃんは
景色どころではないようですMG_0404.jpg
うしろは雲ノ平薬師岳方面です

裏銀座コース
赤岳から右手に野口五郎岳方面
左手黒岳(水晶岳)ですDSCF0804.jpg
13時12分
これから下山双六テン場へ引き返します
帰りは横道を通り
花畑に歩みを止められつつ
16時半ころ帰着
今日はテントの数も増えてます
MG_0445.jpgMG_0446.jpg
今日も1日楽しめました
乾杯して就寝です

0727双六~鷲羽岳

13Km まったり8時間でした




にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

呼びました?
思わずヒコーキポーズに釣られたじゃないですか。
同じ日程位に西穂奥穂でした。目の前に見えてた笠ヶ岳からの稜線を歩いてみたくてお盆休みに狙っています。何処まで行けますかね?。気ままな一人旅、まあ天気次第でどう転ぶやら。
そうそうガソリンと高速代が四国からだと痛いですね。楽しめるのも体が動く内なのでやりくりして楽しみたいですね。
それではまた。
  • 2012/08/02 21:34
  • ヒコーキ1号
  • URL
Re: 呼びました?
いやあ~ 思わずパクッテしまいました 許せゆるせ
きれいに飛んでましたよって両サイドの夫婦の喝さいを浴びましたよ。

西穂からジャンダル越えてきましたか?
わたしなんかだともう景色良すぎてビビっちゃいますね。
で またいくわけ?
一人じゃ寂しいでしょお願いわたしもつれてって?
いやほんとに
わたしもあそこ立ち寄りたかった
  • 2012/08/03 06:10
  • つむじかぜ
  • URL
一人じゃ寂しいけれど。
つーちゃん。それが良いのよ。
背中に男の哀愁を漂わせて、木枯らし紋次郎のテーマソングを口ずさみながら、口には歯間ブラシをくわまえて。う~ん 絵になってるよな。
と言う訳で悪い、気ままな一人旅を楽しんでくるわ。
気を悪くせんといてな。本当は他人に気を使いすぎてとても疲れるのよ。日帰り山歩きが限度やね。
一人じゃ寂しいから行った先々でいろんな人と知り合って いろんな話で盛り上がって。殆どの人が2度とは会えない人だけどね。それも一人旅の楽しみなんよ。
近場の面白いルートがあれば是非誘ってもらいたいですね。
つーちゃんワールドも大変魅力的ですよ。
それでは、また。
  • 2012/08/03 22:33
  • ヒコーキ1号
  • URL
Re: ふられてもうた
アー もう何連発くろうたやろうか
いくら不死身のつーちゃんでも立ち上がれんぞ

そういやあヒコーキ1号さんは男の哀愁ぷんぷんさせてるもんね
あたいなんか魅力なしだわ さっぱりもてへん
今回けっこう声をかけまくりましたが、まったく反応のない人から2倍も3倍も返してくる人から色々ですね
たのしかった
今回は新人育成もかねてましたが、当然気はつこうとるんやけどそんな気にもならんのは性格ですかね

多分うんとはいわんやろなって予想はしてましたが
このくらいどんぴしゃで宝くじも当ったらええんやけどなあ~
  • 2012/08/04 06:03
  • つむじかぜ
  • URL
良いですね。やっぱり日本は。こちらはサインがほとんどないので、いつも道に迷ったり引き返したり、途中で道が無くなったり、登山道が至る所にあってそれが途中で途切れたりと散々です。それに足がないからこないだも家から出て帰るまで11時間歩きました。足の裏が痛かった~。
 でも来週からバンクーバーに移動します。ロッキーの端っこともお別れです。
  • 2012/08/04 11:02
  • Akira
  • URL
Re:はやく 帰ってこいよ
電車じゃないけどあっち行きこっち行きって、地図なんかなくってもたどり着けるという
いいんだかどうだか。とにかくおきらく登山者がいっぱいなんで道迷いで遭難騒ぎを起こされてヘリ飛ばすのも大変ですからね。日本の山事情もたいへんですよ。

11時間歩くなんて以前だと考えられませんね
バンクーバーでハンバーグ食いすぎないようにね なんちゃって
  • 2012/08/05 21:43
  • つむじかぜ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)